泥人形徳川秀忠

俺は日本史が趣味とはいっても、知らないことはいっぱいあって、徳川秀忠が「泥人形」と評されたということを昨日初めて知った(もしかしたら聞いたことがあるかもしれないが全く記憶になかった)。

 

で、検索してみたら、江戸時代中期に成立した『常山紀談』に載ってるとのこと。『常山紀談』を確認したいが、それは後にして、とりあえずさらに検索してみると、正確には「泥人形」ではなく「泥塑人」と書いてあるとのこと。

 

泥塑人を検索してみる

泥塑人(デイソジン)とは - コトバンク

 

「選版 日本国語大辞典の解説」に

 ※集義和書(1676頃)一〇「呼吸の息、いただきより踵に至れり。綿々とながくつづけるのみ也。泥塑人(デイソじん)とも云べし」 〔程氏外書‐一二〕

 と用例がある。「泥塑人 程氏外書」で検索すると、これは「明道先生」という人物を評したものだということがわかる。さらに「明道先生」というのは程顥という人物のことだとわかる。

 

kotobank.jp

さらに、調べると朱子学創始者朱熹の『小学』に

善行70 ○明道先生终日端坐如泥塑人。 及至接人,则浑是一团和气。

との記述あり。

小学 - 维基文库,自由的图书馆

 

すなわち「泥塑人」は江戸幕府の正学である朱子学に影響を与えた思想家を形容したものだった。

 

『常山紀談』は後世の二次史料だから同時代に秀忠が「泥塑人」と評されていたのか不確かな話だが、それ以前に「徳川秀忠 泥人形」で検索すると出てくる、「揶揄」だとか「酷評」だとかいった受け取り方は的外れで、「泥塑人」と評したのは秀忠を偉人になぞらえて褒めたたえているのである。

 

ここまで調べるのに要した時間およそ十数分。

 

 

(追記9:20)百度百科の記述を見ると「泥塑人」という言葉の使用例として朱熹が引用されているというより、朱熹が言葉の出所であるようにも思われ。

泥塑人_百度百科

 

(追記9:40)上のコトバンクに載る「集義和書(1676頃)」とは岡山藩に仕えた熊沢蕃山の著。ただし1676年頃には岡山藩を去っている。『常山紀談』の湯浅常山は岡山藩士。関係あるのかわからないけど、いずれにせよ江戸時代の儒学者にとって「泥塑人」は常識の範囲内ではないかと思われる。

 

 

范可(斎藤義龍)について(その5)

范可(斎藤義龍)について(その3) - 国家鮟鱇

 の追記でMMRガイドラインにちょっと触れた。リンク先のスレッドの2(1は面倒なので飛ばす)

ton.5ch.net 

ネタを解説するのは野暮なことだが、一応解説。まず「2ちゃんねる」という単語がある。「2ちゃんねる」とは何かは説明する必要ないだろう。しかし我らがMMRは、この単語の裏に隠された秘密を探求する。ローマ字で表記し「2Channel」。さらに逆にして「lennahC 2 」。こういうのをアナグラムという。さらに小文字(と書いてるけど実際は子音)だけを取り出し「ea」。日本語に直し「えあ」。もはや原型をとどめない。

 

ここまでで十分おかしいが、ここからがMMRガイドラインの真骨頂。この「えあ」の末尾に「ノストラダムス」を加え、さらに意味不明な「えあ」を削除し残ったのが「ノストラダムス」。おわかりだろうか?って、まあ普通わかりますよね。元の単語由来のものは最後には跡形もなく消え去って、途中から加えられたものだけが残っているのだ。

 

 

で、「范可」について。何度でも繰り返すが『信長公記』に斎藤義龍が唐の「はんか」という人物にあやかって自身も「はんか」と名乗ったとは、少なくとも直接的には書いてない。原文を見れば必然的にその結論「あやかった」が導かれるというのなら別だが、別の解釈も十分可能なのにもかかわらず、なぜか「あやかった」説が主流となっている。

だが「あやかった」で解釈すると、『信長公記』のその部分の記述と整合性に大いに問題がある。明らかに法号だとされてるのに人名にあやかったという不自然さ。親を殺して「孝」となったという唐の「はんか」にあやかることで義龍が何がしたいのか意味不明。「はんか」とひらがなで書いている謎。

 

そういう問題を解決するためにどうすべきか?「あやかった」という解釈を見直すべきだと俺は確信する。

 

一方、別の方法もあるのかもしれない。『信長公記』(特に首巻)が、必ずしも信用できないことを理由に「こう書かれているけど真実はこうだったのだ」と「あやかった」説と整合性があるように修正するという方法だ。

 

※横山住雄氏が「父の頸を切って考をなした唐のはんか」だったものを単なる「父殺し」としてしまったのも、そうしないと義龍が「はんか」と名乗る理由が説明できないと判断したからではないかと推測する。

 

しかし、そうやって「修正」された『信長公記』はもはや元の『信長公記』とは全くの別物になってしまうではないか。残ったのは、既に書いたように『信長公記』には明確に書かれていない唐の「はんか」に義龍はあやかったという解釈のみであり、俺から言わせてもやえば、これはもうMMRガイドラインと同じく、元の話が跡形もなく消え去ったということになる。

 

また百歩譲って、『信長公記』が「あやかった」と書いてるのだとしても、その他の部分を大幅に修正しなければならないような信頼度の低い記事であるなら、その「あやかった」の部分だって信用できないということになるではないか。

 

もちろん「可能性」があることは否定できない。しかしその「可能性」を採用するなら、もはや何でもありであって、あの有名なスペインのキリストのフレスコ画のおばあちゃんの修復に匹敵するような史料の「修正」であっても可能性を主張できてしまうであろう。